備忘録

リールの基礎知識(リールの番号・各部名称)

リールの番号の違い

リールの「番手」は1000、2000や3000、4000とあり、だいたい10000位まであります。

何が違うかというと糸巻量、大きさ、重さが変わります。

この番手は、メーカ―の共通規格ではないので、あくまで参考といった認識いいと思います。

初めてリールを購入する際、明確に〇番のリールが欲しいというものがあれば、それで良いのですが、

色々な釣りに使いたいということであれば、

2000番から3000番の間でリールを買っておけば良いと思います。

リールが軽い方がいい場合は2000番を。大物狙いなら3000番といった感じです

使用イメージ 番手
超軽量仕掛け 1000番
軽量仕掛け 2000番
オモリ10号位 3000番
大物狙い・カゴ釣り 4000番
脱堤防釣り 5000番

※あくまで、だいたいのイメージです。

リールの各部名称

リールの各部名称

リーフレット 竿/ロッドに固定する箇所
ストッパーレバー リールの回転を正転回転/正転逆転回転と切り替えるレバー
ハンドルノブ ここを握りリールを回転させます
ハンドル ハンドルノブを取り付けるパーツ
ローター 回転するパーツ
スプール 糸を巻く円筒パーツ
ラインローラー 回転することにより糸を巻き取ります。
スピニングリールの重要な部品です
ドラグノブ ドラグ調節をするパーツ
ベール 糸をラインローラーに滑らせます

-備忘録
-

© 2021 釣道楽 Powered by STINGER