備忘録

オルブライトノット+α結びの作り方

すっぽ抜けにくいオルブライトノット+α

先日ルアーを投げた際、FGノットがすっぽ抜けるという事がありました。しかも、3回も。。。

FGノットのすっぽ抜け対策としてノットアシスト2.0を購入したのですが、これがなかなか面倒でしてw

また、小学生の息子に教えるにはちょっと複雑なのでGoogle先生に聞いてみたところ、オルブライトノットを発見しました。

このオルブライトノットは太い糸と細い糸を結ぶ基本の結び方で、古くから使われていたそうです。

今回はこのオルブライトノットをさらにすっぽ抜けしにくくする結び方を紹介します。

写真で見るオルブライトノット+α結び

太い糸を赤い紐、細い糸を白い紐としています。

管理人のルアー仕掛けは、PEラインは1号、リーダーはフロロカーボン4号を使用していますので以下のようになります。

赤い紐 太い 【管理人の場合】
リーダー
フロロカーボン4号
白い紐 細い 【管理人の場合】
PEライン1号

写真で見るオルブライト1ノット+α結び

写真で見るオルブライトノット+α結び2

写真で見るオルブライトノット+α結び3

写真で見るオルブライトノット+α結び4

写真で見るオルブライトノット+α結び5

写真で見るオルブライトノット+α結び6

写真で見るオルブライトノット+α結び7

写真で見るオルブライトノット+α結び8

通常のオルブライトノットはこれで完成です。
写真で見るオルブライトノット+α結び

ここから、念のため左右に半結びをします。
写真で見るオルブライトノット+α結び9

写真で見るオルブライトノット+α結び10

これでオルブライトノット+αの完成です。
写真で見るオルブライトノット+α結び11

-備忘録
-, ,

© 2021 釣道楽 Powered by STINGER