備忘録

自転車釣行用のオススメのクーラーボックス

自転車釣行用のベストなクーラーボックス

釣りと言えばクーラーボックスを持った釣り人さんがイメージされます。(私だけ?w)

そして、その釣り人さんが持っているクーラーボックスはダイワがカッコいいと思います!

釣り初心者から見てダイワのクーラーボックスはオシャレです!洗練されています!

(異論は認めますw)

という事で、ダイワのクーラーボックスで自転車釣行に適したものを検討してみました。

ダイワのクーラーボックスの基礎知識

ダイワのクーラーボックスを購入する上で、知っておくと幸せになれる基礎知識をまとめてみました。

クーラーボックスの材質

クーラーボックスの材質を簡単にまとめてみました。

材質 断熱力 価格 重量 シリーズ
真空パネル 高い 重い ZSS/VSS(6面真空)
VS(5面真空)
TSS(3面真空)
SU(1面真空)
発泡ウレタン 中程度 中程度 GU(発泡ウレタン)
スチロール 安い 軽い S(スチロール)

KEEPとは

ダイワは氷の保ち時間をKEEPという指標で表現しています。

【KEEPとは】
外気温40℃において、クーラーボックス容量25%の角氷をクーラーボックスを入れ、8時間後の「氷の残存率」を算出します。

そして、算出後の「氷の残存率」が0%になるまでの時間を計算して、「KEEP●●」とします。

超簡単に言うと、「KEEP●●」の●●時間は氷が無くなりませんよということですw

ダイワのオススメのクーラーボックス(自転車釣行用)

ダイワのクーラーボックスで釣行用に適しているクーラーボックスをピックアップしてみました。

自転車釣行用クーラーボックスの容量は

自転車釣行用のクーラーボックスの容量ですが、10リットルから12リットルをオススメします。

実物を触ってきたのですが、15リットルでは持ち運びを考えると、ちょっと大きいです。

15リットルならば、コロコロに積載した方が良いと思います。

逆に10リットル未満では、ロッドホルダー等を付ける場合、不安定になりやすいのでオススメできません。

また、本格的ランガン(RUN&GUN)を考えるのならば、クーラーボックスではなく、クーラーバッグで良いのではと思います。

オススメクーラーボックス

10リットルから12リットルのオススメのダイワクーラーボックスを探してみたところ、以下の「クールラインα II GU 1000X」と「クールラインα II SU 1000X」になりました。いくつか候補はあったのですが、重量や保冷力を検討した結果、この2種になりました。

【クールラインα II GU 1000X】
・断熱材はウレタンでKEEP 35
・外寸(cm) 25×37×29
・重さ(KG) 2.3(ちょいランガンなら可能な重量です)
・座っても問題なし
・500MLペットボトル収納可能
・カラー:ブルー、レッド
・両開き上フタ、投入口、ハンドル、ベルトを装備
・水栓は無し
・メーカー希望本体価格 13,000円

クールラインα II GU 1000X

【クールラインα II SU 1000X】
・断熱材は真空パネル底1面+ウレタンでKEEP 40
・外寸(cm) 25×37×29.5
・重さ(KG) 2.4(ちょいランガンなら可能な重量です)
・座っても問題なし
・500MLペットボトル収納可能
・カラー:アイスブルー
・両開き上フタ、投入口、ハンドル、ベルト、ふんばるマンを装備
・水栓は無し
・メーカー希望本体価格 19,000円

クールラインα II SU 1000X

【オススメ装備】
・CPキーパーマルチ
・プルーフケースPC-816(S)
・ふんばるマン

クールラインα II GU 1000Xを購入

いろいろと検討した結果、クールラインα II GU 1000Xに決めました。発泡ウレタン版です。

価格も10,000円を切り、リーズナブルですので。

また、私の釣行は自転車での日帰りが基本なので、真空パネルまではいらないという事情もあります。

真空パネルはオーバースペックになりますからね。

また、オススメ装備はプルーフケースPC-816(S)のみ購入しました。

他は100円ショップでなんとかしてみますw

この工夫がワクワクで楽しいんですよね~

【10リットルは持ち運びしやすいサイズです。】
クールラインα II GU 1000Xの写真

【プルーフケースPC-816(S)がピッタリ入ります。】
プルーフケースPC-816(S)装着写真

-備忘録
-

© 2021 釣道楽 Powered by STINGER