備忘録 船釣り

手漕ぎボート海釣り用の仕掛けと言ったら、ビシ仕掛け!(仕掛図)

ビシ仕掛け

釣具屋さんに行くとビシ仕掛けなる文字があちこちに。

ビシ仕掛けってなんだろうとずーと気にはなっていたんですが、手漕ぎボート釣りを始めるにあたり謎がとけました。

ビシ仕掛けとは、船釣りで使う仕掛けの1つです。

簡単に言うと、ウキのないカゴ釣り仕掛けです。

注意点としては、船や手漕ぎボートは狭いので、仕掛けは短い方が扱いやすいです。最初は全長1.8m前後の仕掛けが良いかと思います。

また、針数も慣れるまでは2本までの仕掛けがよろしいかと。

アジビシ仕掛け図

アジビシ仕掛け図(手漕ぎボート)

釣具屋さんにオススメされて購入した仕掛け

手漕ぎボート釣り用竿、手漕ぎボート釣り用両軸リールに続き、実際にどういう物を買えばいいのか分からなかったので、今回も釣具屋さんに全力で流され、言われるがままに購入しましたw

天秤

YAMASITAライトテンビン
ライトタックル対応のアーム35cm、太さ1.2㎜のものです。
YAMASITAYAMASITAライトテンビン

ビシカゴ

サニーカゴM
そもそもビシとはオモリをさし、カゴがついたものをビシカゴといいます。
ビシカゴ

オモリ

オモリは水深と比例して使用します。
今回は水深30mまでを想定し、30号のオモリを使用します。
オモリだけはタックルベリーで購入しました。安いですから^^
30号のオモリ

仕掛け

YAMASITA アジビシ
ムツ針10号 2本針で全長1.8mにしました。
これは自作できそうです!
YAMASITAアジビシ2本針

-備忘録, 船釣り
-,

© 2021 釣道楽 Powered by STINGER